飲む育毛剤とは

フィナステリド配合の飲む育毛剤が普通に購入する事が出来る時代に

飲む発毛剤で男性型脱毛症に対する環境の変化が

ここ数年で日本の男性型脱毛症に対する環境が大きく変わってきている。それはあるクスリの認可が多大な影響を与えていると言えるでしょう。そのクスリその物の効果もさることながら、そのクスリの出現により業界全体に相当な影響を与えているのが現状でしょう。

そのクスリとはご存知の方も多いと思いますが、フィナステリドを成分とした、プロペシアなどの「飲む発毛剤」である。詳しくは以下でご説明するとして、それはまさに育毛・発毛時代の幕開けなのです。

脱毛症でお悩みの方ならきっと思ったことがある方も多いはずです。「髪が生える!」という結果が最終目標ではありますが、「出来れば自分の毛を生やしたい!」と。その思いを実現させる、今現在自毛の発毛で最も効果があるとされるクスリが、このフィナステリドであると言えるでしょう。

業者でもこのフィナステリドを使用して治療しているところもあるそうです。もちろんクスリの効果には個人差があり、カツラや植毛なども有効な手段である事に変わりはありません。しかし、4人に1人は激変すると言われるこのクスリを前に、今や自毛を発毛させる事は一昔前のような絵空事では無くなってきているのです。

私も当初は近くの町医者で処方してもらっていたくらいなので、今お悩みの方達も、近くの病院を探して簡単に試すことが出来るでしょう。しかし、経済的にも比較的安価で、治療の継続を自由に選択できるということからも、自宅で、そして自分で一度試してみてはいかがでしょうか?効果があれば継続すればいい訳です。また、効果がなければ業者さんにいくなり、専門のクリニックに行っても遅くはないと私は思います。
    
このフィナステリドは一般に飲んでいれば5年後10年後でも効果があると言うのも事実らしいですが、実際は飲んでいるだけではなかなか難しいと私は考えています。実際に私は「増えたのではなく、減ったのでは?」と思った時もありました。

そこで私の実体験などを交えながら、私と同じように悩んでいる人たちの悩みや不安・疑問などが少しでも解決でき、参考になればと思っています。

飲む発毛剤でAGA克服

こんな私ですが当初は頭頂部が薄くなってきたのを、会社の上司に指摘されたが、「冗談だろう」くらいにしか気にしておらず、全く意識していませんでした。それから3年くらいで前頭部に薄毛が進行し、初めて焦り始め国内の塗薬を片っ端から試したが、全く効果がなくその時話題になった「リアップの外国物」を使い始めたのです。

若干効果があったのか、ハゲの進行が遅くなったような気がしたが、やはり「生えた!」というまでには至らず、他に良い薬もないので5年位使用したでしょうか。

その頃「飲む発毛剤」なる物が出てきたのは知っていましたが、もうほとんど諦めていましたし、飲薬に対して若干の抵抗もあったため気にも止めていませんでした。今思えばその時に始めていればと若干の後悔もあります。

そして昨年5月に「AGA(男性脱毛症)」なる物が新聞やTVで見かけるようになり、「飲む発毛剤」を始めました。それから1年経った今、自他共に認める効果があります。

私がクスリを毎月貰いに行く病院の先生も驚いていますし、職場では上司に「お前髪増えたろ?」と言われました。また、私(私の頭)を見てクスリを飲み始めた知人もいます。

参照:http://nikibicrash.jp/