薄毛の大きな原因「悪性男性ホルモンDHT」

男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が育毛に影響を与えます

5αリダクターゼが薄毛の原因DHTを作る

難しい成分の種類や効能を覚える事は研究者や専門医にお任せするとして、今や定説とないつつあり、脱毛の基礎知識である男性ホルモンの作用をお話しましょう。

現在、薄毛に最も有効とされている「男性ホルモンの抑制」。この治療法がなぜ今注目されるのか?それはテストステロン(男性ホルモン)の存在とその作用が少しずつ解明されきているのが大きな理由です。

男性ホルモンのテストステロンは脳下垂体や副腎や睾丸などで作られ、血流にのって体内を廻り、いろいろな箇所で成長や代謝などをコントロールすのですが、テストステロンはこのままでは、たいした悪さはしません。

このテストステロンが、毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロ・テストステロン)と変化すると、とんでもない事になってしまします。

このDHTは通常のホルモンの5~10倍の強い作用があるホルモンで最強のホルモンと言われています。このDHTが毛乳頭を萎縮させ、毛母細胞の成長を抑制してしまい、脱毛を促進させ薄毛に変えて行くのです。これが今考えられている脱毛のメカニズムです。

そして5αリダクターゼには1型と2型の2種類あります。簡単に説明しておきましょう。

1型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在し2型5αリダクターゼは毛乳頭細胞に多く存在します。なぜこんな小難しい話をするのかと言うと、今私が使っている薬もそうですが、薬によって作用する型が変わってくるからです。

そして、男性型脱毛症は1型より2型に大きく影響を受けることが解って来ているのです。ちなみに「プロペシア」は2型のみに効きます。

DHTと毛乳頭細胞にある受容体が結合すると薄毛になる

男性ホルモンとDHTについてお話しましたが、DHTを生み出す5αリダクターゼを抑制すれば薄毛は治るのか?ホルモンを抑制する薬を飲めばいいのでしょうか?

実際は違います。薬の効き目は各人によって個人差があり男性型脱毛症全てに決定的な効果があるとはいえません。それは各個人が持つ感受性に原因があります。DHTはそれ自体が毛乳頭に直接悪さをするのではありません。DHTは毛乳頭にある受容体(レセプター)と合体し悪さをするのです。この受容体とDHTが合体しやすい人は、感受性が高いと言え、影響を受けやすいと言えるでしょう。

つまり、この感受性が高い人ほどDHTに過剰に反応してしまうのです。フサフサな人はDHTが無い訳ではありません。DHTが多い・少ないは遺伝的要素が大きいと思われますが、仮にDHTが平均的なレベルであってもこの感受性が強いとやはり過剰反応して脱毛を促進させてしまうのです。逆に感受性の低い人はDHTの量が多くてもその影響を受ける事は無いのです。

同じホルモン抑制剤を飲んでもこの感受性の違いから、個人差が生じると思われる訳です。そしてこの感受性もまた、DHT同様に遺伝的要素が大きいと思われます。

ではこのホルモンの抑制が仮に成功したとして、育毛は成功するのでしょうか?DHTが原因で脱毛し薄毛になった場合、ホルモンを抑制しただけで、萎縮してしまった毛乳頭が元のように元気になるには難しいと思われます。元気にならないとは言えませんが、本来萎縮しないはずの毛乳頭が萎縮してしまったのですから、体の持つ治癒力による回復には相当な時間を必要とするでしょう。

薄毛が始まってしまった場合、だんだん毛乳頭が萎縮していきますが、約5年~10年くらいで毛根は死んでしまいます。そこで必要になってくるのが、髪の成長を促進させる為の要因です。つまり、髪の毛を積極的に生やしていく為の成長因子が必要になってくるのです。萎縮してしまった毛乳頭ではその成長力に限界があり、それを補い増殖を促進させていくことも必要なのです。

極めて初期の段階で薄毛治療を始めれば、ホルモンの抑制だけでも元にもどるかもしれません。それは、まだそれほどに毛乳頭が弱っていないからです。しかし、私のように相当薄毛が進んでしまった場合はそうはいきません。このように育毛は「これさえしていれば」と言う決定打は今のところないのです。