育毛について

育毛とは髪が早く抜けないように髪の環境を整えることです

育毛とは次の髪を育てること

以前ある育毛剤のメーカーが、「脱毛症は髪の本数が減るのではなく、髪の太さが原因である」と発表していた。つまり、髪の本数はほとんど変わらないが、髪が細くなってしまった為薄くなったように見えるのだ…と言うものだ。

見た目は髪がないように見えても、実は産毛が生えていると言うのである。これは私自信も実感している事であるが、これは正にその通りではないでしょうか。実際使用して、全体的にも髪の量の増えてきますし、髪の成長を実感できています。私としてはうれしい限りですが、ここで1つ忘れてはいけない事は、約8ヶ月かかって、差が少しわかる程度なのです。

つまり、薄毛の進行が進んでしまった場合、そう簡単には元通りとは行かないのも現実なのではないでしょうか。

私が約10年の間に徐々にヘアサイクルが短くなり、髪が生え変わる度に細く短くなりついには薄毛となってしまった訳ですが、復活する時もヘアサイクルを重ね、髪が生え変わる度に少しずつ太く長くなっていくものです。生え変わる度に変化していくのです。つまり一度生え始めた髪は途中から太く丈夫になる事はありません。

洗髪の時や薬を塗る際の抜毛を見てみても、髪の太さはそれぞれ違いますが、髪の途中から太くなっている髪を見たことがありません。私が考えるに、髪は日々成長していますが、その寿命は髪が生え始めた時にすでに決定されているのではないかと思っています。

髪はヘアサイクルの終盤で休止期に入り終期で抜けますが、この間に次の髪の毛母細胞が形成されます。髪は成長期から休止期に入り髪の成長は止まりますが、その毛根の奥では次の髪の毛母細胞が成長しているのです。そしてその毛母細胞が成長を開始すると同時に今までの髪が抜けるのです。

この準備期間中の次の髪の毛母細胞が大切なのです。この準備期間中にいかに髪と頭皮をケアし、健康な毛母細胞を作るかが育毛の成功のカギを握っているのです。この次の毛母細胞の健康度が高ければ高いほど、髪も長く太くなるのです。なので次に生えてくる髪が大切なのです。今生えている髪を治療するのではなく、今の髪の次に生えてくる髪が少しでも太く長く成長できる髪になっていることが大切なのです。

何らかの治療を始めた際、よく説明書に「一時的な脱毛が起きる・・・・」と在りますが、あれは次の髪が生える準備が出来た為の脱毛であるのです。また、ほとんどの育毛商品に「○ヶ月以上お使い下さい」と在るのも、そのためであると思われます。

良いフォトスタジオを選ぶポイントとは

まずはお母さまがお子さまをどのようにして撮ってもらうか決めておくことが必要です。コロコロ機嫌が変わるようなお子さまにはあやし方のうまい大手フォトスタジオチェーン店、人見知りのある子は少人数で制作している写真館やハウススタジオがおすすめです。1位のハウススタジオでは様々な角度からお子さまの動きに合わせて撮影してくれるので、好奇心旺盛なお子さまでも楽しく撮影することができます。そして、衣装の質や量も大事な判断材料です。いくら衣装をたくさんもっているスタジオでも、自分の好みの衣装が少なければ選ぶ幅も狭くなってしまいますよね。ご家庭によってお子さまへの投資額は異なるので、限られた予算の中でいかにクオリティーの高い写真をたくさんもらえるかが最大の判断基準になってくるのではないでしょうか。

東京のおすすめ写真館 http://kodomoshashin.com/