髪の驚異的な成長力

髪の毛は一日どのくらい伸びているのか?伸びるスピードについて説明します

髪は1日でどれくらい伸びるのか

髪の毛は個人の頭の大小や髪の密度の個人差がありますが、大体10万本~15万本くらいあると言われています。そしてそれらの成長速度は、1日でおよそ0.25~0.35mmくらい伸びていると言われています。(このページでは0.25mmを例にとります)という事は髪が1日に伸びる長さを、髪1本分に換算すると…

0.25mm×10万本=25000mm/25000mm=25m

となる訳です。

そうです髪は1本換算で1日に25m~35m位伸びているのです。いくら細い髪の毛1本としても25mもの長さは驚きです。本来髪はこんなにも生命力に満ちているはずなのです。

髪は生命力に満ちている

1日当たり25mも伸びる髪が抜け徐々に細くなり短くなる…やがて薄毛になるのです。つまり髪が薄くなってきている時は、1日当たり25m以上もの髪が抜けていっているのです。そんなに抜けていたのかと思うと恐ろしい事ですが、ここで勘違いをしないで頂きたいのです健康なフサフサな方を考えてみて下さい。

フサフサな人は1日25mくらい伸びていますが、抜毛がない訳ではありません。もちろん通常の抜毛もあるのです。つまり1日に伸びる長さと、抜毛との差し引き分が伸びている分と考えられる訳です。(1日に伸びる長さ)-(1日に抜ける長さ)=(1日に伸びる長さ)

仮に25m伸びて20m分抜けていたとすると1日5m伸びている換算になる訳です。そうなのです。何も「1日に25m伸ばそう」と言っているのではないのです。毎日25mずつ伸びたらとんでもない事になってしまいます。

そこで髪の毛の全体の本数と1日の成長速度がほぼ決まっている以上何をすべきか…そう、「抜ける本数を減らす」のです。薄毛になる人は1日に25m以上抜けるため、徐々に減ってくる訳であり、もし抜毛が24m以下になるなら回復に向かっている事になるのです。

「抜ける本数を減らす」事は育毛の大きな要因であると言えるでしょう。もちろんそれだけでは、育毛の成功は難しいとは思いますが、私はこれは育毛の大きな柱となる要因であると思っております。

抜毛の本数を減らす

抜毛を減らす事は「ヘアサイクルの延長」ともいえるでしょう。「まず抜毛を減らすこと」と言ったのには訳があります。今、育毛を考える場合1つはこの抜毛を減らす事ですが、もう1つ忘れてはならないのが今まで皆さんが使われてきた「髪を生やすあるいは、育てる」事を目的とした物です。

これは私の私見ではありますが、上記でも触れたように髪の成長はある程度上限があり、ほぼ決まっています。つまり「髪を生やす」方向では限界があると言う事に他なりません。いわゆる「毛がグングン生える」事はないのです。

「なら、発毛剤なんて意味ないの?」…いえいえ、そんなことはありません。発毛剤は「髪を生やすもの」と言うより、「発毛する環境を整えるためのもの」と私は捉えて使用しています。

毛根や毛母細胞などに作用する成分・血行促進など、まさに環境整備にうってつけです。実際発毛剤で治る方もいると聞いています。まず抜毛を減らし、そして髪が育つ環境整備をしてあげる事が必要であるのです。一見「発毛」は積極的で「抜毛を減らす」事は消極的に見えるかもしれませんが、ゆくゆくはこの「抜毛を減らす」は発毛につながっていくのです。

FXの無料セミナーを受講するなら